セルライトエステを受けている時に、痛みを感じるという人は多いものです。痛みを感じる原因は、冷えの症状がひどくて血行が滞っている状態であったり、脂肪やセルライトが蓄積されていたり、リンパの流れが悪く、老廃物が溜まっていることが考えられます。痛みを感じることは施術の効果が感じられていることだと思うものですが、痛みをガマンしていることでエステの効果が得られるかといえば、そうではありません。

痛みをガマンしていることで身体に力が入ってしまい、十分に施術の効果が伝わらないからです。もし、セルライトエステを受けている時に痛みを感じた場合は、スタッフに「痛い」と正直に伝えることが大切です。

ガマンすることによって、毛細血管の細い人は内出血を起こしてしまうこともあり、美しくなるために受けたエステでアザが残ってしまうということにもなりかねません。しかし、スタッフに痛みを伝えることが言いづらいと思う人も多くいるものです。そのような場合は、やんわりとお願いするような感じで伝える方法が効果的です。

施術を受けている場所をピンポイントで示して、「(脚のどの部分に)痛みを感じるので、力を弱めてもらうことはできますか?」とお願いするような言い方で伝えると、トゲがなく自分の感情を伝えことができます。また、痛みを感じることで「身体に力が入ってしまうのですが、これはガマンした方がいいですか?」とスタッフにたずねるような言い方でも、自分の感情をオブラートに包んで伝えることができます。

しかし、大抵の場合はスタッフの方から「力加減はいかがですか?」と聞いてくれますので、もし痛みを感じた時にはその時に伝えることが一番です。